'."\n";?> 十二指腸潰瘍の症状と7つの対策

十二指腸潰瘍



十二指腸潰瘍とは?

十二指腸潰瘍とは胃の粘膜が、自ら分泌した胃液によって消化され、傷ついてしまう病気です。

比較的若い方に多くみられ、主にストレスによる胃酸過多によって、球部の粘膜が傷つけられることで発症します。

このサイトでは十二指腸潰瘍の主な症状、原因、治療方法について解説していきます。

> 薬を使わず胃と食道を元の健康的な状態へと整える方法

十二指腸潰瘍の主な症状

十二指腸潰瘍とは、どんな病気なのでしょうか?

胃酸の影響で潰瘍ができるケースは、総称して消化性潰瘍と呼ばれています。

この消化性潰瘍の代表的なものが、胃潰瘍と十二指腸潰瘍なのです。

胃潰瘍が40代以降の人に見られるのに対し、十二指腸潰瘍は10代から20代の若年層に見られるのが特徴です。

また、胃潰瘍の場合は胃酸の分泌は正常かやや少ないのですが、十二指腸潰瘍の場合は胃酸が過剰に分泌される過酸症であることがほとんどです。

胃酸が過剰に分泌されるなどして、胃の粘膜に炎症が起こると、粘膜は少なからず障害を受けます。

粘膜の障害が比較的経度でただれたようになっているものをびらん、粘膜が深く抉り取られているものを潰瘍と呼んでいます。

びらんの状態だとびらん性胃炎と診断され、回復は比較的早く症状は数日で消えます。対して胃潰瘍の場合は症状は長引き、潰瘍の治癒にも2、3ヶ月かかります。

スポンサードリンク